UKIUKI Boom!!

アクセスカウンタ

zoom RSS プロの独り言3

<<   作成日時 : 2009/10/13 23:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

まさかのシリーズ復活。

なるべく簡潔に。

実はけんぷファーの第2話を視ててアレレというところが。

先に感想。
相変わらず突出したところは無いものの、1話より見られる。今後の展開も嫌いじゃないし、ぬいぐるみ供の会話はやはり楽しい。

で、そのアレレであるが、Bパート終盤バトル中に廊下の行き止まりに追い詰められてスプリンクラーを作動させた部分。
まず変な箇所。
・火でスプリンクラーを作動させたのはいいが、いつの間にか2個作動している・・・×
→当然だがスプリンクラーは勝手に作動しない。火災熱にてヘッドユニットが変形または金属栓の融解により散水するのが普通。
・なんだかブザーのようなものが鳴っていた。・・・△
→まぁ製品の中にはああいうブザーもあるかもしれないが、多分無い。
・そのブザーがすぐ止まった。・・・×or?
→スプリンクラーが作動したら警報が鳴るのだが、それが止まったと言うことは学校に誰かいるということ。まぁそれは至極当然なのだが、ということは実際の火事かどうかガードマン(もしくは宿直の先生?)が確認しに来るぞ、普通なら当然急いでくるからオマイラ早くそこから逃げろ!
さらに言うと散水は勝手に止まらない。誰かが元弁を閉めないとだめだ。大抵はフロアごとにあるから、つまるところすぐ近くに先生がいるゾ!この時点で他に仲間がいたとは考えにくいしな。

作劇上致命的な部分。
・上で書いたがスプリンクラーは火災熱でヘッドが言わば壊れることで水が出るという仕組み。つまり、ナツルを待たずも、紅音が銃でヘッドを撃っても同じ結果が導かれる。しかも無駄な時間稼ぎなしで。
・・・まぁ作画上(視聴者的に?)は意味があるわけなのだがww


書いちゃった的な感じではあるが、このことで製作の手抜きとか無知とか指摘するつもりは全く無い。むしろマイナーな世界だしね。ただ、オイラのような業界関係者でアニヲタやってる奴なんていっぱいいるだろうから、全国でもオイラ以外にこう思ってるのもきっと・・・
むしろギミックに利用したいんであれば説明に行きたいくらいだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
プロの独り言3 UKIUKI Boom!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる