UKIUKI Boom!!

アクセスカウンタ

zoom RSS どるびーさらうどん

<<   作成日時 : 2005/07/14 00:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1

正確には「ドルビーサラウンド」ですね。

最近世の中スターウォーズなのね。アタシにとっちゃどーでもいいことなんだけどサ。
ちなみにアタシは吹き替え派だから。声優がどうとかでなく(いや、おおいに関係アリ)字幕は内容に集中できないし情報のカット量が多いからイヤなのよね。
やっぱりSWの吹き替えと言えば

ルーク…渡辺徹(新人)
レイア姫…大場久美子(新人)
ハン・ソロ…シゲル松崎

コレだよ、コレ!
知ってる人だけ笑ってくれればいいですから。このビデオ持ってる人居ないかなぁ。


で、ドルビーサラウンドなんだけど、最初に使ったのがこのSW1作目(つまりエピソード4)と言われている。
冒頭で後ろから迫る帝国軍の戦艦を表現するために(つまり画面外、観客の後方)作り上げたそうだ。
もともとフィルムのノイズ低減にドルビー研究所の「ドルビーA」という技術があった。周波数ごと(4帯域程度)にノイズリダクションしているのだが、コレで培った技術から左右2チャンネルの音声トラックにセンター分とサラウンドバック分の信号を押し込み、アンプで再生時に振り分けた。日本では驚異の立体音響と言われた。
この手のシリーズ大作1作目のお約束として、やはり例に漏れず短時間、低予算の作品だったそうだ。その中でなんとかやりくりして迫力を出そうとした結果、できたのが「ドルビーステレオ」。
劇場ではD(ドルビー)ステレオと呼び、民生用ではDサラウンドと呼ぶ。
以前にもマルチチャンネル音声の作品はあったがメンドイので説明無し(センサラウンドとか4チャンネルとかウルトラステレオとかってそれはDSと同じ)

ちなみにDSはSWが最初って書いたけど他は?(略字多いな)
さらに補足で邦画の最初はなんと「コブラ」。スタローンの映画じゃないよ、アニメのスペースコブラだよ。

ドルビーSR(スペクトラルレコーディング)
DSの改良版。ダイナミックレンジを広げて(音の強弱の幅と思ってくだされ)よりノイズ低減させたもの。最初はたぶん「ロボコップ3」だと思う。ちなみにジブリで言うと、「ナウシカ」はモノラル、「ラピュタ」以降でDSとなり、SRでうたったものは特に無い。

SRD(ドルビーサラウンドデジタル)←単にドルビーデジタルと言うこと多し。
今まではアナログ録音、これはデジタル録音。データを圧縮してフィルムに記録している。フロント左右とセンター、サラウンドバックの左右とスーパーウーファーの6つで構成されている。
今までは左右2つのチャンネルに4つ分の音声を詰め込んでおり、それぞれの音が干渉しあい音の定位感が少なかった。また、フロントに比べバックのスピーカーはおまけ扱いのため小さく、再生音圧(音質)も低くなっていた。
SRDではウーファーを除く5つのスピーカーは同じ性能で、デジタル信号により5チャンネル分それぞれ全く別の信号を再生できるため豊かな表現が可能となった。ジブリで言うと(しつこい?)「耳をすませば」からがSRD。
最初はたぶん「バットマンフォーエバー」

SRD−EX(ドルビーデジタルサラウンドイーエックス)
SRDのサラウンドバックにセンタースピーカーを追加したもの。ウーファーを除く、6chで構成される。より明瞭なサラウンド感が特徴だそうな。映画館で左右に偏っていても製作の意図通りの音響効果が体感できるとか。ジブリで言うと(クドイ?)「千と千尋の神隠し」がSRD-EX。
最初はやはり「スターウォーズ エピソード1」

DTS(デジタルシアターシステムズ)
ドルビー研究所とは別の会社「DTS社」が開発したもの。SRDと構成は同じだが、こっちの方が圧縮率が低いためより高音質となっている。
音声の記録はフィルムではなく専用のCD-ROMである。
両方選べるならSRDよりDTSの映画を観よう。とはいうものの好みでドゾー
最初は「ジュラシックパーク」
ちなみにDTSステレオというドルビーで言うところのSRに相当する規格がある。DTSだからーって観にいくとがっかりなので注意。ドルビーよりも使用料が安いらしいので低予算の邦画なんかに良く見られる。

DTS-ES(デジタルシアターシステムズイーエス)
SRD-EXのDTS版。劇場としてはお目にかかったことがない。
DVDソフト用としてDTS-ES6というのがある。千と千尋の神隠しとかイノセンスとか。

SDDS(ソニーダイナミックデジタルサウンド)
その名の通りソニー開発。これは8チャンネルの音声トラックとウーファーで構成されている。選べるならこれが一番音声がイイ!ただ、あまりコレでやってくれない。見つけたらそこで観よう。てゆーかSDDS用として制作されないのがイタイ。知ってるところで「チャーリーズエンジェルフルスロットル」「MIB2」「ターミネーター3」など。
最初は…忘れた。

ちなみに
民生用の(カセットテープの)ドルビーB,C,HXPRO等はプロ技術(ドルビーA)のフィードバック。


で、えらい遠回りしたけどウチの話。
ウチはSRDとDTSでサラウンド構成しております。通常のステレオ音声はドルビープロロジックUで鑑賞しております。
どうなるかというと

 プリキュアEDで「フレーフレー」や「ウォー」という合いの手(?)が入るけど、フレーは後方左右、ウォーはほぼ真横で聞こえる。ボ−カルは当然前から、楽器の一部は真後ろから聞こえてくる。

 プリキュアMHのOPの「♪ま〜っく〜すはぁ〜〜〜t」は左右から後方へ包み込むように聞こえてくる。(プリキュアばっかりでスマソ)

もともと「アキラ」を劇場で観てすっかりステレオの虜に。いつかホームシアターサラウンドと夢見て、気付いたらデジタル化してて、DVDなんか普及してて、イイゾサラウンド。
みんなも買うといいさ、安くなってるしな!
モチロン、ゲームもイイゾ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
新キャラ「どるびー・さら・うどん」登場 !!! (大爆)
なんだか…もの凄いコトになってきましたヨ(滝汗 ...続きを見る
さるなログOnline
2005/07/14 21:33
ホームシアターや音響機器、テレビの選び方
ホームシアターや音響機器、テレビの選び方ということですが、一番の方法はご自身が好きなブランドやデザインそして価格で選ぶことです(笑) &nbsp; 大好きなものに囲まれて暮らす、これが一番幸せですからね☆ &nbsp; しかも日本で買い物するなら、そこまでの違いはなくどの製品もSONYやパナソニック、シャープなど有名なメーカーならば、それなりに良いものばかりです♪ &nbsp; 一応、個人的な感想を言わせてもらうと、SONYブランドは世界的に無敵だと思いますし、音の品質でははやりBOSEが一番だ... ...続きを見る
Re:play
2014/09/30 12:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
そう、当時は熱心なファンから凄く抗議があったらしい。
10年近く前、友人宅で初めて観たのだが…ひっくり返った。
バブルくらいの頃はトンデモない吹き替えがちょくちょくあったなぁ(遠い目
当時は「有名人ってだけでシロートが吹き替えやがって、ちゃんと声優使えよ!」って吠えてたが今思えば、何もかも皆懐かしい…じゃなくて、取っておくべきだったなと思うわけで。
UKIUKISAN
2005/07/14 22:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
どるびーさらうどん UKIUKI Boom!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる